マツダ車専門店 MAZPARTS Official Blog

NDロードスター/124スパイダー用ウインドブロッカー、LEDイルミネーションキットがバージョンアップ!

この時期はなにかと忙しいですねぇ。ネタは山ほどあるのですが書いてる時間が全くない
・・・のですが時間を見つけて書いていきますよ、ってことで久しぶりのエントリーはリニューアル版、NDロードスター/124スパイダー用ウインドブロッカーLEDイルミネーションキットのご案内です。

NDロードスター用MAZPARTSウインドブロッカー | MAZPARTS マツダ車専門・輸入&オリジナルパーツ販売

変更点は2つ。1点目は、ON/OFFスイッチの追加。2点目は、光量の変更(LEDの光量の下限を抑え、従来より眩しくなく点灯できるようになった)です。

変更点1.ON/OFFスイッチで点灯をコントロールできます

スイッチはこの一式の写真にあるプッシュタイプのものです。スモールONで弱く点灯、スイッチONで強く点灯するようになってます。上写真の右下のスイッチはスモールONで弱く点灯した状態です。取り付けイメージはこんな感じ。常時点灯は意外と恥ずかしい、という声も頂いてました。これでイベントの時だけ使うとか、大黒PAに出没するときだけ使うとか、そういうご要望にお応えできるかと思います。

変更点2.光量を従来品より抑制しました(もちろん光量コントール機能は従来通りあります)

従来品も調光用のコントローラが付属して光量を抑える仕組みはあったのですが、一番暗くしてもまだ明るいかなと感じるレベルでした。今回はその下限の明るさを調整して、より暗くなるように変更しています。

ちなみに、ベースとなるLEDテープはエーモン社のものを使ってますが、困ったことに、前回まで使っていたものが廃盤になり、より明るいタイプにリニューアルされてしまいました。一般的には明るくなった方がうれしいのだと思いますが、当店のウインドブロッカーに組み合わせると一番暗くしても明るすぎます(夜間点灯しての走行中、後方が明るすぎて何も見えなくなる勢い)。ということで、当店での仕様変更後の明るさの新旧比較です。新型は、最大・最小(弱)どちらも光量を抑制しました。この写真は、新型を光量最弱モードで取り付けたものです。LEDテープ自体はホワイトなのですが、ウインドブロッカーが試作品で青みがかっているタイプのため青く見えますね。光量については、下の写真が従来品なので、同条件での撮影ではないにしても、光量が抑制されていることがお分かり頂けるのではないかと思います。昼間に使うには物足りない光量かと思いますが、基本は、夜に使うものだと割り切りって暗めに調整しました。その分、夜間は良い感じに抑えられて、使いやすくなったのではないかと思います。

あ、124スパイダーでも、もちろんご利用頂けますよ。

当店でウインドブロッカーをお買い上げ頂いた方には単品販売も行っています!

時々お問い合わせを頂くのですが、ウインドブロッカー本体を当店でお買い上げ頂いた方には、イルミネーションのキットだけの販売も行っていますのでお問い合わせください。

発売は来週中ぐらいの予定ですので、しばしお待ちを・・・

 



当店について、もっと詳しく知りたい!という方は以下をご覧ください!

当店MAZPARTS Webサイト
当店が取り扱いっている商品をもっと詳しく知りたい!という方はこちら。
◆マツダ車オーナーの「パーツが少ない!」という渇望に応えます!
マツダ車専門店 輸入&ドレスアップパーツ販売 MAZPARTS

MAZPARTSオフィシャルブログ
当店についてもっと詳しく知りたい、マツダ車についてもっと知りたい!というコアなファンの方はこちら。
◆マツダ車オーナーに是非知って頂きたい情報を中心に、日々更新中!
MAZPARTS Official Blog

MAZPARTS twitter
ゆるっと、手軽に、世界中のマツダ車の情報や、当店の情報を知りたい!という方はこちら。
◆世界中のマツダ車情報や、当店の商品情報などを速報ベースでお伝え!
MAZPARTS Twitter

MAZPARTS facbookファンページ
Facebookメインの方はこちら。Facebookとブログの情報は連動していますが、一言コメントはFacebook限定のものが多いです(笑)
◆Facebookファンページ
MAZPARTS/マズパーツ Facebookファンページ

MAZPARTS Google+ページ
FacebookではなくGoogle+をご利用の方はこちら。基本的にはFacebookに似た運用になっています。
◆Google+ページ
MAZPARTS/マズパーツ Google+ページ

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Comment on Facebook

Return Top