マツダ車専門店 MAZPARTS Official Blog

【Q】トランク・ラゲッジルーム用シリコンチューブLEDの固定クリップを両面テープで取り付けていますが、時間がたつと外れてしまいます。何で固定するのがいいでしょうか?

トランクルームを簡単に明るくできるパーツとして好評のシリコンチューブLEDの、固定方法についてのお問い合わせです。

トランク・ラゲッジルーム用シリコンチューブLED(フェストン可変アダプタ付き) | MAZPARTS マツダ車専門・輸入&オリジナルパーツ販売

シリコンチューブを内装の隙間に挟まない場合は、付属のクリップを使うことになると思います。付属のクリップとは、コレです。このクリップはネジ留め用の穴があることからも分かるとおり通常はネジ留めでの利用を想定していますが、穴あけに抵抗感のある人は多いでしょう。とすると、両面テープを使うことになりますが貼り付け面積が小さいので、固定の向きや取り付け場所(樹脂の状態等)によっては、使っているうちに落ちてきてしまいます。一般的に車で利用する両面テープは3Mスコッチのコレが定番なのですが、

これだと粘着力不足で落ちてきてしまうことがあります。今回のケースでのオススメはブチルテープか建築用の厚手テープで、後者の方が汎用性が高く扱いやすいと思います。

この両面テープは、住宅の外壁やコンクリート等の凹凸が結構ある場所や風雨にさらされるような場所での利用を想定していて、例えばソーラー型のLEDライトのようなそこそこの重量物でもがっちり固定できて、安心感があります。ただし、使用温度の上限が80度と低めなのでマフラーの近くやエンジンルーム等での利用には向いていないのでご注意下さい。

この両面テープに限らず、通常、接着力が最大限発揮されるようになるまでは1日ぐらい時間がかかります。確実に落ちないようにするためには、1日ぐらいはチューブを取り付けずに放置して、接着力が安定してからチューブを取り付けるようにしましょう。

これでも駄目な場合は?

やはり素材との相性や設置面積等、条件によってはコレでも駄目です。ひょっとしたら冒頭にご紹介した定番の3Mの車用両面テープの方が良い、という場合もあるかもしれません。結局のところ色々と試すしかないのですが、合わせ技でクリップと両面テープの間に接着剤を塗布するという方法もあります。

殆どの場合は、クリップ側の接着力が足りないのだと思いますので、ボディ側に接着剤が付くこともなく、試しやすいと思います。テープをかえても駄目だった場合は、こちらの方法もお試し下さい。



当店について、もっと詳しく知りたい!という方は以下をご覧ください!

当店MAZPARTS Webサイト
当店が取り扱いっている商品をもっと詳しく知りたい!という方はこちら。
◆マツダ車オーナーの「パーツが少ない!」という渇望に応えます!
マツダ車専門店 輸入&ドレスアップパーツ販売 MAZPARTS

MAZPARTSオフィシャルブログ
当店についてもっと詳しく知りたい、マツダ車についてもっと知りたい!というコアなファンの方はこちら。
◆マツダ車オーナーに是非知って頂きたい情報を中心に、日々更新中!
MAZPARTS Official Blog

MAZPARTS twitter
ゆるっと、手軽に、世界中のマツダ車の情報や、当店の情報を知りたい!という方はこちら。
◆世界中のマツダ車情報や、当店の商品情報などを速報ベースでお伝え!
MAZPARTS Twitter

MAZPARTS facbookファンページ
Facebookメインの方はこちら。Facebookとブログの情報は連動していますが、一言コメントはFacebook限定のものが多いです(笑)
◆Facebookファンページ
MAZPARTS/マズパーツ Facebookファンページ

MAZPARTS Google+ページ
FacebookではなくGoogle+をご利用の方はこちら。基本的にはFacebookに似た運用になっています。
◆Google+ページ
MAZPARTS/マズパーツ Google+ページ

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Comment on Facebook

Return Top