商品カテゴリー

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

よくあるご質問と回答

送料、発送方法等についてのよくあるご質問と回答をまとめました。→よくあるご質問と回答

検索条件

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

RSSで最新情報を配信しています!

新着情報等をRSSで配信しています。RSSはこちらです。

Sylfex AuxMod Basic 詳細日本語マニュアル付き

RX-8、デミオ、アテンザ、アクセラなどのマツダ車は、

音声の外部入力端子(AUX)がオプションで用意されてない!
音質の悪いFMラジオ飛ばし(トランスミッタ)しか使えない!

だから、iPodやカーナビの音楽/動画再生時の音声が悪い! イマイチ!
そもそもせっかくのBOSEなのに、全く活用できてない!

と思っていませんか?

本商品 AuxMod Basic を使えば、そんな悩みもばっちり解決。

AuxModを取り付けることで、純正のオーディオシステムを使いiPodやmp3ウォークマン、カーナビのDVD映像の音声、地デジ等テレビの音声を、純正オーディオのスピーカーで、高音質・手軽に楽しめるようになります!


■AuxModは、こんな不満・悩みを抱えてる人におすすめです
●FMラジオ飛ばし(FMトランスミッター)を利用しているが音質が悪い!(ラジオ品質!低音が割れる!高音がしゃりしゃり五月蠅い!) ノイズが多い! 音声が安定しない! 地域が変わると周波数変更が必要でめんどくさい!と不満をお持ちの方。

●セットデッキを装着しカセットアダプタ経由で外部入力端子を付けているが、音質がイマイチと感じている、スマートじゃないと不満を感じている方。

●カーナビにミュージックサーバー機能やDVDビデオ再生機能がついてるのに、FMラジオ飛ばしで音質が悪い、ナビ液晶モニタのスピーカーで聞くなんて貧弱すぎて論外!という理由で全くその機能が活用できていない方。

●iPodが聞きたいんだけど、純正のiPod接続アダプタだと使える機種が限定されるし、そもそもiPodじゃないものに買いかえたら無駄になってしまうと、導入には二の足を踏んでいる方。

●新しいナビは地デジ対応で、大画面。DVDも再生できて、画面、画質は文句なしなのに、音声がFMトランスミッタで音質が悪いというアンバランスな状態の方。

●車種によってはオーディオを交換すればできるらしいが、そこまで大掛かりにやりたくないし、そもそも値段的にあり得ない(約8?10万円)という方。

●車種によっては、ユニットを改造すれば接続できる機器もあるらしいが、ユニット改造は敷居が高いし、純正ナビとは併用できないのはイヤという方


■接続できる機器は?
例えば、以下のような機器が接続できます。
●スマートフォン全般(iPhone, Android, WindowsPhone等)
●アップルのiPodシリーズ
●ソニーのウォークマンシリーズ
●カーナビのDVD再生時の音声
●カーナビのテレビ・地デジ再生時の音声
●(機種によってできるものとできないものあり)カーナビのナビゲーションの音声案内
●ポータブルのDVDプレイヤー
など、要するにイヤホン端子や外部の音声出力端子があるものはすべて接続可能です。

例えば、カーナビの場合は音声外部出力端子を利用して接続(一般的には赤白2本に分かれた音声ケーブル)します。最近のナビはHDDにmp3データ等の蓄積ができるミュージックサーバー機能を持つものも増えており、そのデータももちろん純正オーディオ経由で聞くことができるようになります。

ちなみに、当店RX-8では、カーナビ(パイオニアの楽ナビAVIC-HRV002)とmp3プレイヤーの両方を聞けるように接続しています(接続例3)。

※接続機器ごとのケーブルが必要
接続する機器に応じたオーディオケーブルが必要になります。
特に、カーナビは別途専用配線(IPバスコネクター等)が必要な場合があり、事前にご確認下さい。


■どういう仕組みになってるの?
AuxModは、カセットデッキ/MDデッキを接続する純正オーディオのコネクタに接続する形になります。つまり、カセットデッキ/MDデッキとして純正オーディオには認識されます。

一般的なiPod等を取り付ける手段であるFMラジオ飛ばし(トランスミッター)とは違い、無線で音声を飛ばすのではなく純正オーディオに直結する形となりますので、音質は大幅に向上します。

また、純正のエアコン+オーディオシステムを置き換える訳ではないため、副作用(エアコンの動作が鈍くなる等)もありません!

■注意■
本商品はカセットデッキ/MDデッキを接続するコネクタを利用するため、カセットデッキ/MDデッキはもちろん、その他同コネクタを利用する何らかの機器を接続している場合は、それを取り外す必要があります。同時利用はできません。



■接続後の操作方法は?
純正オーディオにはカセットデッキ/MDデッキとして認識されますので、テープ/MDデッキを操作するのと同じ感覚で操作できます。具体的には以下のような手順で操作する形になります。
(1)まずは再生したい機器(iPod等)を、AuxModに取り付けたケーブルに接続します。
(2)接続したiPod等を再生するため、TAPE/MDボタンを押します。
→ その際、オーディオの表示部には「TAPE PLAY」と表示されます。
(3)iPod等で聞きたい音楽を選び、再生します。

以上! 簡単です!

なお、オーディオ本体の音量コントロールボタンはもちろん、ステアリングの音量ボタンも生きていますので、それらを操作することで再生音量を上下・消音することができます。ただし、音量は車のオーディオ側の音量操作であって、iPod等接続した機器側の音量を直接操作するものではありません。ご注意下さい。

また、BASS、TREBLE、バランス等の純正オーディオの音質調整関連機能もそのまま使えます。

※ご注意
「早送りボタン」は使えません。
曲を切り替える際は、iPod等接続した機器そのものを操作する必要があります。


■取り付け方法
AuxModそのものを、純正オーディオユニットに取り付けるのは難しくありません。難しいのは、そのオーディオユニットをとりはずす部分だと思います。

今回おまけでお付けしている日本語マニュアルは、オーディオユニットやコンソールの取り外しまではカバーできていません。Webで方法を公開されている方が多数いらっしゃいますので、そちらを参考に行っていただくか、ディーラー等の専門業者に依頼してください。

なお、取付にあたっては、純正オーディオユニット自体の改造、接続ケーブルの改造、あるいはケーブルの自作などの作業は不要です。ユニットを取り外すことができれば、その先の装着は簡単です。


■付属の日本語マニュアルについて
単なるマニュアルの翻訳版ではなく、ご購入頂いた方からのご意見やご質問を追加してあり、約18ページのマニュアルになっています。

ただ、本マニュアルは上でご説明の通り、オーディオユニットやコンソールの取り外しまではカバーできていません。この点、ご了承下さい。

日本語マニュアルは、ご自分で取り付ける際だけでなく、ディーラー等の業者に取付依頼される場合の、商品概要を説明するものとしても活用頂けると思います。口頭で説明するより楽ですし、先方も理解しやすいと思います。


■動作車種について
「●●の車種で動作しますか?」「オーディオのリビジョンは△△ですが動作しますか?」という質問を何度か頂いています。申し訳ありませんが当方では分かりません、とお答えするしかありません。

下記の参考URLにある対応車種のページと、動作実績がある方々のWebの情報を動作可否の目安にしてください、というのが精一杯の回答になります。開発元にも尋ねたのですが、Web以上の詳細なデータは持ち合わせていないとのことでした。対応車種のページを翻訳したものを載せておきますので、参考にしてください。

年数表記(2007, 2006・・・)は発売年式ではなくモデルイヤーです。よって2006年発売のモデルの場合は、2007年の欄を見てください。

 2007年2006年2005年2004年2003年2002年2001年
RX-8---
アテンザ--
プレマシー-----
アクセラユニットに依存
*1
---
デミオ-
ロードスターユニットに依存
*1
△*3△*3
2-DINタイプのみOK*3
CX-7ユニットに依存
*1,*2
------
MPV-×
トリビュート-

○表の記号の見方

記号 記号の意味
Sylfex社にて動作確認

ユーザーによる動作報告あり

条件付だがSylfex社にて動作確認
×Sylfex社にて動作しないことを確認
-不明

○注記

*1 TAPE/MDコネクタの無いユニットがあるという報告が多数あり。購入前にコネクタの有無を必ず確認すること。
*2 ナビなしのユニットのみ。
*3 入力ソースのボタンを操作した際、Aux-inのミュート表示が出るもののみ。(?ロードスターはユニットのバリエーションが多いようなので注意)

※ご注意
●上記動作報告は、世界中で販売されているマツダ車すべてで動作確認した結果が掲載されているわけではありません。主にはアメリカで販売されている車両を元にしており、一部はイギリスや日本からの報告による動作確認分も含まれているようです。よって、上記の表で「◎」となっているから動作する、とは言い切れませんのでご注意下さい。

●Webで動作確認できている車種、同時期の車種でも、オーディオのリビジョン番号が違うと動作しないこともあるようです。

●同じモデルイヤーのものでも、世代によって若干中身(ファームウェアだけでなく配線等)が変わっている場合もあるようです。上記数値はあくまでも参考にしてください。

■参考情報
参考までに、当店RX-8の純正BOSEオーディオのファームウェアVerは9.67です。動作保証は致しませんが、動作する可能性は高いと思われます。

【ファームウェアリビジョンの確認方法】
オーディオのTEXTボタン(丸いやつ)と、プリセットメモリーの1番目ボタンを同時に数秒押し続けて下さい。TEXTボタンを押して、一瞬間をあけてプリセットボタンを押すようにすると良いようです。これで時計表示部分にファームウェアVerが表示されます。


■商品構成
・AuxMod Basic 1個
・タイラップ 2本
・日本語導入マニュアル

★ご注意★
本商品のご利用には、下にご説明する接続例のとおり、接続する機器に応じて音声ケーブルが必要です。必要なケーブルをご購入下さい。どのケーブルを買えばよいか分からない、という方はご利用のナビやオーディオ機器等の型番をご確認のうえ、お問い合わせ下さい。型番が分からないと正確にお答えできません。


MAZPARTS独自保証【半年】
※保証の詳細について、スマホの方はこちらからご覧ください

商品コード:
aud16-0
通常価格(税込):
15,660
販売価格(税込):
14,904
ポイント: 138 Pt
関連カテゴリ:
【汎用】オーディオ
数量:

写真(接続図)

このように、ケーブルを機器に遭わせて選べば、様々な機器に対応することができるようになっています!

写真(日本語マニュアル)

当方オリジナルの、詳しい日本語マニュアルが付属します。

英語版の単なる翻訳マニュアルではなく、ご購入頂いた方からのご意見、ご質問を追加してきた結果、18ページという原本の2倍のボリュームになっています。

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

このページのTOPへ
Copyright(C)2009-2015 MAZPARTS All rights reserved.